簡易サーボブラケットを作る
 

 ここでは、株式会社イトーレイネツの ServoCreation type FU3003をお手本に(というか、まるっきりパクリですね)、 簡易サーボブラケットを自作してみます。

お金に余裕があり、精度の良い製品が必要な方は、ぜひ 株式会社イトーレイネツの ServoCreationを買いましょう。

アルミ板は5052を使います。 アルミ合金規格一覧は 住友軽金属 Aluminum Worldや、 ROBO-ONE Technical Conference 資料などを 参考にしてください。

 
図面を書く
 
ServoCreation type FU3003
 
JW_CAD for Windowsで図面を描く
 
サーボ側ブラケットをつくる
 
since 2003/05/10(Sat)
トップページへ
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー